海外用Wi-Fiのレンタルプランに長期割引があったらいいなと思ったことはありませんか?

また、複数の国を一つのWi-Fiでどこでも利用できたらすごく便利ですよね?

短期の旅行や出張なら少々高くてもWi-Fiレンタルに抵抗がない?かもしれませんが、長期となるとやっぱり安いにこしたことはないですよね。

当サイトは海外WiFi長期で使用すると安くなるレンタル会社を紹介しています。

また、中国でLINEが使えるサービスも開始されました。

特に次の方へおすすめです。
  • 海外に長期滞在する
  • 海外の複数国を渡り歩く


\ジェットファイの公式サイトを見る/


長期割引がある海外Wi-Fiを借りたい


海外 wifi 長期


価格比較サイトなどで、海外Wi-Fiの安いプランが一発で検索できますが、長期レンタルしても割引がなくお得感がないように思っていたんです。

安いかな?と思っても、容量が250MB/日しかなく、ちょっと容量オーバーになるのもこわかったんですね( >Д<;)


海外を複数またいで旅行した使用者から聞きましたが、500MBでも2〜3人で使用すると少し通信容量不足気味になるようです。


当サイトで紹介するjetfi(ジェットファイ)のモバイルルーターは、長期プランが安く、1つのWi-Fiを複数国で使え、通信容量が500MB/日ある海外用Wi-Fiルータです(350MB・1GBも選択できます)

ジェットファイの特徴
  • 長期割引で格安になる
  • 国が変われば容量がリセットされる
  • 日本でも使える

海外Wi-Fiのジェットファイ(jetfi)は長期割引で格安になる


jetfiは長期滞在でかなりお得に海外用Wi-Fiをレンタルすることが可能です。

<大容量500MBの1日の利用料金>

期間 容量 アジアプラン グローバルプラン
30日間 500MB 393円 483円
60日間 500MB 363円 463円
90日間 500MB 333円 433円
※アジアプランはアジ各国、グローバルプランは世界中(それぞれ対応国があります)

通信容量が大きいので複数人で使用したり、一人でも通信容量を気にしたくない人向けです。

もうひとつjetfi(ジェットファイ)の大きな特徴として、複数の国をたった1つのWi-Fiで利用できます。

さらに、国が変われば容量がリセットされます('ω')ノ

つまり、トランジット中(目的地までに他の国を経由)に国が変われば、また500MB分を最初から使えるということなんですね。

すなわち、500MBのレンタル料金しか払ってないのに、1日で2カ国またいだら1,000MB(1GB)分使えるということです。

あなたがそういった使い方をするかわかりませんが、他社にないうれしいサービスですよね。

また、海外Wi-Fiにはめずらしく日本でも使えますしね。

\ジェットファイの公式サイトを見る/



会社で役員をしている知り合いにjetfi(ジェットファイ)を紹介しました。

数カ国回り普通にインターネットができたことを確認しています。

メールしたり、facebookへ画像をアップしていましたからね。


ジェトファイはもともと法人のみに貸し出していたので、信頼感はおすみつき。

ビジネスで利用する海外Wi-Fiにいい加減なWi-Fiを貸し出せませんもんね。

もちろん、個人でもいい加減なWi-Fiはダメですが。

今では個人向けもレンタルを開始して、知名度は他社より低いかもしれませんが、広告費などかかかっていない分、安くできているのかもしれませんね。

長期滞在者向けにおすすめのjetfi(ジェットファイ)


まずは公式サイトの動画をご覧ください(2分)


長期滞在には絶対おすすめなのが、jetfi(ジェットファイ)のWiFiレンタルです。

長期プランが設定されているので期間が長いほど安くなりますよ。

jetfi(ジェットファイ)はプランも2種類しかなくシンプルです。

それでは、長期プランの料金体系を詳しく見ていきましょう!

長期プランの1日レンタル料金(500MB)


アジア周遊プランの場合


海外WiFiの長期割引が断然安い!※30日以上なら間違いなくここ

長期パック(30日)なら393円/日
長期パック(60日)なら363円/日
長期パック(90日)なら333円/日

(例)韓国に90日間滞在する場合
ジェットファイ(アジア周遊プラン) ジェットファイの強み
333 滞在中に他の国へ移動(アジア圏内)してもWi-Fiが利用可能)*1
*1 対応国のみ

グローバル(世界周遊)プランの場合


海外WiFiの長期割引が断然安い!※30日以上なら間違いなくここ 

長期パック(30日)なら483円/日
長期パック(60日)なら463円/日
長期パック(90日)なら433円/日

(例)アメリカに90日間滞在する場合
ジェットファイ(グローバル周遊プラン) ジェットファイの強み
433 滞在中に他の国へ移動してもWi-Fiが利用可能 *1
*1 対応国のみ

アジア、グローバルプランの対応国


アジア周遊プラン


中国、香港、マカオ、日本、台湾、韓国、シンガポール、マレーシア、インドネシア、フィリピン、タイ、ベトナム、カンボジア、ラオス、カザフスタン、モンゴル、インド、バングラデシュ、スリランカ、パキスタン、ネパール、ミャンマー 、アラブ首長国連邦、サウジアラビア、カタール、バーレーン、イスラエル、ヨルダン、イエメン


中国はインターネット規制がありLINEなどのSNS、Googleのサービス(Gmail、Google Map)が使用できません。

中国でも、LINEやGoogleのサービスが必要な場合は次の記事も参考にされてください。

中国でLINEが使えるレンタルwifiがあった!

当サイトで紹介しているジェットファイのWi-FiでもVPNを利用して中国でLINEが使用できるようになりましたよ。

ただ、680円/日と少し高めなのがデメリットです。

グローバル(世界周遊)プラン


アジア周遊プランに加え次の国をカバーしています。

ヨーロッパ
イギリス、アイルランド、フランス、ドイツ、スイス、オーストリア、オランダ、ベルギー、ルクセンブルク、デンマーク、ノルウェー、スウェーデン、フィンランド、アイスランド、スペイン、ポルトガル、イタリア、チェコ、ハンガリー、ギリシャ、トルコ、ロシア、ポーランド、クロアチア、アルバニア、ブルガリア、キプロス、エストニア、リトアニア、ラトビア、マルタ共和国、ルーマニア、セルビア、スロベニア、スロバキア、ウクライナ、リヒテンシュタイン、オーランド諸島、モナコ、バチカン、サンマリノ

アフリカ
エジプト、ガーナ、ケニア、モロッコ、モーリシャス、ナイジェリア、チュニジア、タンザニア、南アフリカ共和国、ザンビア、アルジェリア、アンゴラ、西サハラ

アメリカ
アメリカ合衆国(ハワイ、アラスカ、グアム、サイパン)、カナダ、メキシコ、パナマ、コロンビア、ベネズエラ、ブラジル、アルゼンチン、チリ、ペルー、プエルトリコ、グアテマラ、ニカラグア、エルサルバドル共和国、コスタリカ、ボリビア、エクアドル、ウルグアイ、ドミニカ共和国

オセアニア
オーストラリア、ニュージーランド、フィジー

jetfi(ジェットファイ)のメリット

  • WiFiの容量が3種類から選べる
  • バッテリーの容量が大きい
  • 国が変われば通信量が自動リセット
  • 通信速度が速い
  • 1日180円で日本に電話かけ放題
  • 業界最多数の受取拠点
  • 日本国内でも設定・利用が可能

Wi-Fiの容量が3種類から選べる

海外 wifi 長期

  • 350MB
  • 500MB
  • 1GB

以上3種類の容量から選べるようになり、プランに合わせた選択が可能となりました。

仮に500MB/日を30日レンタルしたら、
500MB × 30日で15GB使えることになります。

国内で使っている多くの人は7GB以下が多いと思いますので、

LINEのトークやYahooのネット検索は一日で使い切ることはないでしょう。

地図検索は700回くらいできるそうです。

海外では地図アプリが大活躍すると思いますが、目安で一日700回可能です。
動画も一日30分くらいは見れます。

500MBあると余裕があるのがわかりますね。
せっかくの海外なので容量を気にして後悔するのも嫌ですよね。

バッテリー容量が大きい


バッテリー容量が大きく10〜15時間の連続稼働が可能。

海外 wifi 長期

Wi-Fiルータは3種類ありますが、渡航先に適したWi-Fiルータがチョイスされます。

また、ジェットファイのWi-Fiルータはモバイルバッテリーとしても利用できますので、スマホのバッテリーがなくなった場合でもWi-Fiをモバイルバッテリーとして利用できます。

実物を見せてもらいましたが、写真で見るより小さいイメージでした。
厚みは写真のイメージでしたが、縦、横が写真よりも一回り小さいと思いました。

国が変われば通信料がリセット

海外 wifi 長期


長期で海外へ行く場合は、島国の日本と違い他の国へ行く機会も多くなると思のですが、

ジェットファイのWi-Fiルータは国が変われば通信料がリセットされます。

まだ昼前なのにA国内で容量ぎりぎりまでパケットを使ってしまっても、B国に入ったら契約している容量までリセットされます。

あなたが、500MBの契約をしていて、A国で残り10MBしかなくなっても、B国へ入ったらまた500MBが復活するということですね。

つまり、500MBの契約でも1日に2国またげば1日に1,000MB(1GB)使えるということですね('ω')ノ

通信速度が速い


国内で使っているスマホの4G回線へ優先的に接続するので、サクサクネットができる確率が高くなります。

1日180円で日本に電話かけ放題


オプションのjet-phoneをレンタルすれば、海外へ行っているあなたから日本へ電話かけ放題です。

レンタル料金は1日レンタルだと180円/日ですが、30日借りるなら1,800円で借りることが可能。

つまり、60円/日で日本への電話がかけ放題になります。

逆に、日本から海外へ行っているあなたへ電話をする場合でも、日本の通話料だけですみます。

家族、仕事仲間、恋人、友人といつでも電話することが可能ということです。

業界最多数の受取拠点


jetfi(ジェットファイ)のWi-Fiルータは全国51,000箇所で受取可能です。

  • コンビニ
  • 郵便局
  • 空港
  • ご自宅
  • 会社

日中自宅にいることが少なくてもコンビニや郵便局で受け取ることも可能です。

<受取可能なコンビニ>

  • ファミリーマート
  • ローソン
  • ミニストップ

仕事で出張に行くときは会社で受け取ることも可能。
もちろん空港受取も可能となっています。

<Wi-Fi受取を対応している空港>

  • 新千歳空港
  • 秋田空港
  • 羽田空港
  • 成田国際空港
  • 関西国際空港
  • 中部国際空港
  • 広島空港
  • 那覇空港
  • 鹿児島空港
  • 松山空港
※受取場所は空港によって異なります(カウンター、コンビニ、郵便局)

日本国内でも設定・利用が可能

普通の海外Wi-Fiは現地でしか利用ができません。
ジェットファイのWi-Fiなら日本国内でも利用可能です。

あらかじめ、スマホなどにWi-Fiを接続しておくことができますので安心ですよね。
また、一時帰国時などでも、そのままWi-Fiが利用できます。

jetfi(ジェットファイ)のメリットまとめ


500MBの通信容量でかつ安すぎるジェットファイならではのいいところをまとめてみました。

Wi-Fi1つだけで複数の国でWi-Fiが使える
不慣れな土地での地図検索が何度もできる
飛行機の予約サイト検索中に通信容量オーバーの心配もなくなる
数分程度の動画なら毎日見れる
話題の店も気楽に検索できる
LINE電話やトークの画像、動画も容量を気にせず見れる
国が変われば通信料がリセットされるので移動中のネットも気にならない
スマホのバッテリーが少なくなってもモバイルバッテリーとして使える
出発前にに国内で設定できるので安心
帰国時に日本でも使用できる
サポートも24時間体制

ちょっと色々と並べていますが、国が変われば通信容量がリセットされ、バッテリー容量が多く、日本でも使えるのは魅力的だと思います。

一番の魅力は国が変わっても対応国であればそのまま利用できることですね。

>>大容量なのに安いジェットファイの公式サイト

jetfi(ジェットファイ)のデメリット


  • 空港での受けとりはできます(一部の空港)が、返却にレターパック代がかかる
  • 海外充電用の電源プラグが有料

空港受取可能だか返却は郵送のみ


空港カウンターでWi-Fiを受け取る方法で申し込みをしたら返却はレターパックです。

空港受取にするとレターパックも同包されており、レターパック代702円(税込)は申込の際に前もって決済されます。

ただ、一つのWi-Fiを複数の国で利用できるメリットの方が大きいです。

複数のWi-Fiをレンタルした方が高くつきますからね。

海外充電用の電源プラグが有料


各国で日本とは電源の規格が違う所がありますので、海外旅行に行くときは海外対応電源プラグが必要になってきます。

jetfi(ジェットファイ)の場合は海外対応電源プラグが有料です。

レンタル代が50円/日。
他のレンタル会社は電源プラグをセットで貸してくれるところもあります。

但し、無くした事を考えると電源プラグは購入しておいた方がいいですね。
2,000円以下で購入できます。

長期滞在するような方であれば、一つ持っておくのをおすすめします。

短期の場合は他社より高い場合もある

一カ国だけ短期で旅行や出張に行く場合は、他社の海外Wi-Fiのほうが安くなる場合があります。

ただし、ジェットファイの場合は複数国へまたぐ場合でもそのままWi-Fiが利用できるというメリットがあります。

訪れる国の毎に別々のWi-Fiを持っていくのは現実的ではありません。


初心者向に海外WiFiの利点

海外WiFiの長期割引が断然安い!※30日以上なら間違いなくここ


海外でネットをする場合の初心者向け情報をお伝えします。

海外でインターネットを利用する場合は次の方法があります。

  • 携帯会社(d社, a社, s社)の海外パケットプラン
  • 海外SIM
  • フリーWi-Fi
  • 海外用Wi-Fi

携帯会社(d社, a社, s社)の海外パケットプラン


携帯会社(d社, a社, s社)の海外パケットプランは超絶に高すぎますので、金はいくら使ってもいいという人以外にはおすすめできません。

普通に使っていれば、超高額な請求がきますよ。

海外SIM


次に、海外SIMですが

SIMフリーのスマホでないと使えません。

この時点でよくわからない場合はやめておきましょう。

設定も少し知識が必要ですし、スマホでしか使えません。
パソコンやタブレットはどうやってインターネットしますか?という問題が発生します。

フリーWi-Fi


最後にフリーWiFiですが、ホテルなどのWiFi電波があるところでは使えますがちょっとデメリットがあります。

  • 安定していない
  • セキュリティが甘い
  • 通信が安全でないためそもそも接続できないサイトがある

特に海外なので、ハッキングには本当に注意して下さいね。

フリーWi-Fiは通信が暗号化されてないのが当たり前なので、クレジットカード情報なども丸見えですよ。

実際、海外に行くと迷惑メールが増えるという話をききます。
海外のフリーWi-Fi経由でメールアドレスを盗まれている可能性が高いということですね。

フリーWi-Fiを2018年に海外(ハワイ)で試してみましたが、はっきり言って使えないものが多く、Wi-Fiを持ってきて正解でした。
使えるようにするために、メールアドレス登録を要求されたりします(全て英語で)
せっかくの海外旅行は台無しになりますし、ビジネスでフリーWi-Fiに期待するのは危険です。

ポケットWi-Fi


その点、海外用のポケットWi-Fiならスマホ、タブレット、パソコン関係なくWiFiが接続できる端末ならなんでも繋げられます。

さらに、

1台Wi-Fiルータがあれば、同時に5台の端末(スマホ、タブレット、パソコンなど)を接続することが可能です。
複数の人で行くなら、1つのWiFiを2〜3人で使って料金を折半するといいでしょう。

もちろん、電波は暗号化されていますので安心です。

一番無難なのは海外Wi-Fiを日本で借りて日本で返すのが一番ですね。

国内用のポケットWi-Fiをお探しならwifi 安いというサイトが参考になります。

初心者向に海外WiFiのレンタルの流れ


海外WiFiの長期割引が断然安い!※30日以上なら間違いなくここ


  1. インターネットのWi-Fiレンタル会社で申し込む
  2. 郵送や空港で借りて、返す
  3. 海外についたらWiFi端末の電源を入れスマホやタブレット、パソコンから接続してパスワード入力
  4. 日本にいる時のようにネットを使う
  5. 帰国したら空港や郵送で返却

レンタル会社によって、

  • 郵送のみ
  • 郵送+空港両方

で貸し出し、返却できるか変わってきます。

容量は1日350MB、500MB、1GBのようなプランがあります。

参考ですが、日本で5GB契約をしているのであれば一日166MB位の使用量です。
日本にいる時と同じように使っていれば、250MBまで使うことはありません。

但し、長期滞在の場合は動画も見たくなると思います。
動画を見すぎると一気に容量がなくなりますので、注意して下さいね。

まとめ


海外WiFiの長期割引が断然安い!※30日以上なら間違いなくここ


せっかく海外に行くのであれば、facebook, twitter, インスタ, LINEなどで情報発信するのも一つの楽しみですよね?

出張なら休みの日の観光もWiFiが気軽に安く使えると何かと便利です。
せっかく海外に行くのであれば、グルメや観光を満喫したいです。

日本では当たり前にインターネットが使えますが、海外の場合はそれなりに準備が必要です。

先日、携帯を1日自宅に忘れただけで電車の中や昼休み、ちょっと写真がとりたい、LINEしたいなど非常に不便でした( ゚Д゚)

海外の情報もネットで情報収集を手軽にできますが、肝心な電波がないと何もできません。

また、家族と連絡とるためにもWiFiは必須ですよね。

ワイルドな海外生活も楽しいと思いますが、今の時代スマホが使えないと非常に不便で、何かあったらパニックになるかもしれません。

やっぱり、WiFiって必要だと思うのですが、中でも長期滞在ならjetfi(ジェットファイ)さんが断然安くて容量も大きいのでいいかなと思っています。


>>jetfi(ジェットファイ)の詳細はこちら

サイト管理者


こんにちは!

長期出張もしくは留学などで海外生活お疲れ様でございます。

会社の海外出張者が多く、出張費が高くなっているのではないかと思い調べてみました。

今までのWiFi料金よりも間違いなく安くなりませんか?

当サイトがお役に立てられれば幸いです。
TOPへ